共働き夫の長女★2022年中学受験記!~トライ&サクセス~

共働き夫の長女・二女★2022&2024受験記!

中学受験に挑む長女(2022年終了)・二女(2024年)を応援する父のブログ♪(問合せ先:mr.jukenpapa@gmail.com)

国語

出題本予想はあたったか④(2022年中学入試国語/共学校②)

最近、ブログにするネタもあまりないので、引き続き、2022年入試の国語(物語文)で出題本予想があたったか否かの検証を続けていきます。 本日は、共学トップ校の1つである筑波大学附属中学校です。 出題作品は『夏のカルテット』 (著者:眞島めいりさん/…

小学生にとって夏とは?(2023年組/出題予想/国語)

児童書の良書をセレクトするという意味では、講談社の“文学の扉”というシリーズも要注意です。 『シャンシャン、夏だより』(著者:浅野竜さん/発刊年月:2022年5月)という本がでました。 第23回ちゅうでん児童文学賞において、大賞を受賞した作品です。こ…

実力診断SO結果(二女/5年5月)

本日、実力診断サピックスオープン(二女/5年5月)の結果速報が出ました。 結果は、 2科>算>4科>国>理>社 ということになりました。 なんだか、できすぎでしたね。 これまでで最高だったんじゃないかな。 社会はかなり低い点数でしたが、平均点が低すぎ…

さぴあ作文コンクールの課題図書は?

本年度も、さぴあ作文コンクールの時期がやってきましたね。 毎年、高学年向け図書と低学年向け図書の2冊がコンクールの課題図書として発表されます。 今年は、以下の書籍が課題図書のようです。 ★高学年向け課題図書 バトン [ 中川なをみ ]価格:1430円(税…

このレーベルにも注目だ!(2023年組/出題予想/国語)

中学受験界の国語において、注目すべき出版社やレーベルは、いろいろとある。 それほどメジャーではないけれど、PHPの“カラフルノベル”というレーベルには要注意です。 今年は、このレーベルから、 『世界は「 」で沈んでいく』 (著者:櫻いいよさん/発刊…

実力診断SO自己採点(二女/5年5月)

昨日、二女は、実力診断サピックスオープン(5年5月)でした。 自己採点をしたところ、得点率は、以下のとおり。 算>理>国>社 です。 国語は選択肢問題がパーフェクト。 記述問題についても物怖じせずにみっちりと書けている(合っているかは別にして。)…

出題本予想はあたったか③(2022年中学入試国語/共学校①)

2022年の入試(国語)に出題された物語文について、僕が出題予想して長女に薦めた本だったか否かを、随時、検証中。 本日は、共学トップ校の一角である渋幕についてです。 (渋渋も検証しようと思いましたが、3回も試験があるので、渋渋については、また、今…

出題本予想はあたったか②(2022年中学入試国語/女子校①)

先日に引き続いて、出題本予想はあたったのかの検証です。 先日の男子4校(筑駒+御三家)については全く的中しなかったわけですが、では、女子校はどうだったのか。 本日は、女子御三家について検証していきたいと思います。 基本的には物語文の的中をみて…

出題本予想はあたったか①(2022年中学入試国語/男子校①)

昨年、当たるも八卦、当たらぬも八卦で、長女に本を薦めてきました。 2022年の入試(国語)に出題された物語文に長女が読んだ本があったか否かについて検証していきます。なお、説明的文章と随筆的文章は割愛します。 入試が行われる中学校は、かなりの数に…

マンスリーテスト結果(二女/5年4月)

本日、マンスリーテスト(二女/5年4月)の結果が出ました。 偏差値でいうと、 算>理>2科>4科>社>国 という結果となりました。 前回の組分けテストと比較すると1.9ポイントアップしましたが、前回の復習テストと比較すると1.8ポイントダウンしました。 …

入試に出題されそうでしょ感が満載(2023年組/国語/出題予想)

『ソノリティ はじまりのうた』(著者:佐藤いつ子さん)は、大注目です。 ソノリティ はじまりのうた [ 佐藤 いつ子 ]価格:1650円(税込、送料無料) (2022/4/28時点) 主人公は中学1年生。 そして、王道の青春小説です。 表紙の絵も素敵だ。 角川書店やアマ…

今年はこの雑誌から出題された(2023年組/国語/出題予想)

今年、浦和明の星中学校(第1回)の出題は、小説新潮(2021年5月号)(品切れです。)の「はしのないせかい」(著者:秋ひのこさん)からでした。 単行本の良書は、各塾がマークしているので、さらに新しいところを狙って、単行本に至る前の雑誌段階から出題…

難関校での出題が考えられる(国語/2023年組/出題予想)

本日は、瀧羽麻子さんの著作。 瀧羽麻子さんの著作は、これまで、オルゴール店シリーズが中学入試の問題で出題されています。 瀧羽麻子さんの『博士の長靴』(ポプラ社/2022年3月刊)は、要注目です。 博士の長靴 (一般書 383) [ 瀧羽 麻子 ]価格:1650円…

この本はかなり出そうだ(国語/2023年組/出題予想)

講談社のレーベルである文学の扉から、安田夏菜さんの著作(『セカイを科学せよ!』)を読んでみました。2021年10月に発刊された書籍です。 セカイを科学せよ! (文学の扉) [ 安田 夏菜 ]価格:1540円(税込、送料無料) (2022/4/23時点) もとより、この安…

久しぶりの出題予想本(国語/2023年組/出題予想)

今回、紹介するのは、まはら三桃さんの書籍。 中学受験界において、よく知られた作家です。 講談社の文学の扉というレーベルから『かがやきこども病院トレジャーハンター』が発刊されました(2022年1月発刊)。 かがやき子ども病院トレジャーハンター (文学…

最近、注目した本(国語/2023年組/出題予想)

昨年、中学受験に挑む少年の姿をえがいた『金の角持つ子どもたち』を発刊され、中学受験界で注目された藤岡陽子さん。 最近、新刊を出されました。 『空にピース』です。 空にピース [ 藤岡 陽子 ]価格:1870円(税込、送料無料) (2022/3/13時点) 舞台が小学…

今年の出題予想は完全に趣味(国語/2023年組/出題予想)

二女は、2023年組ではありません。 (2024年組です。) そのため、二女の受験との関係でいえば、2023年の中学入試に出題されそうな本を予想する意味は全くないのですが、もはや、趣味ということで、ときどき国語の出題予想をしていきたいと思います。 まず、…

百人一首の学習を開始(長女/新中1)

中学受験後の長女の学習ですが、英語と数学に加えて、百人一首に親しんでいこうということになりました。 どうせ、憶えなければいけない気もするし、古典に触れるという意味でもよいかなと思います。 もともと自宅にあった百人一首の本を使用していきます。 …

土特について(国語)

土特の国語は、前半も後半も、そんなに変わりません。 Weekly SapiXという冊子が配布されます。 上記冊子は、 ① 読解演習についての問題群 ② ウィークリー・ステップ~知識の総完成~ で構成されています。 読解演習は、全部を授業中にやるわけではありませ…

出題本予想の作法(国語)

首都圏の入試も終盤です。 僕も、入試期間中、精神的にかなり疲れました。 試験中には、普段どおり、解けているだろうか。 わからない問題が出て、パニックになっていないだろうか。 などと考えたり、 試験が終了して出てくるのを待っているときには、 泣き…

長女に薦めた物語文のまとめ(2022年中学入試/国語)

昨年の6月頃から、2022年中学入試に向けて、長女に本を薦めてきました。 独自に予想して薦めた本もあれば、模試に出題されるなどしたために薦めた本もあります。 2021年に発刊された本が多いですが、2020年に発刊された本もあります。 以下、そのまとめです…

序盤戦(埼玉入試)を無事受験できました(長女/6年1月)

埼玉入試は山場を過ぎましたね。 長女は2校とも無事に受験できました。 来週からは千葉入試が開幕しますね。 (そういえば、今日から西の最難関である灘の入試です。関東のサピックス生にも遠征する方がいるのでしょう。頑張ってほしいです。) さて、国語の…

読書は続く(長女へのお薦め本)

冬期講習や正月特訓の際は読書が進まなかったのですが、学校が始まると、読書が進みます。 昨日、長女へ薦めた本ですが、なぜか、昨日中に読了しました。SSの復習が進みませんでした。。 そんなに面白かったのかと尋ねたところ、怖かったとのことです。 薦め…

長女へのお薦め本(長女/6年12月)

懲りずに、出題されそうな本を探して、長女に本を薦めています。 『神さまのいうとおり』(著者:谷瑞恵さん)を読了。 神さまのいうとおり [ 谷 瑞恵 ]価格:1650円(税込、送料無料) (2021/12/19時点) その後は、比較的読みやすい本を手渡しています。 ま…

長女へのお薦め本(長女/6年11月)

長女の好きな書物は『ジャンプ』で、毎週月曜日の朝、学校に行く前に読んでいます。 そうはいっても、長女は読書をしないわけではなく、学校で読書を続けています。 先週、読み終わったのが、『サステナブル・ビーチ』(著者:小手鞠るい)でした。なかなか…

あえて随筆的文章の出題予想をしてみる(長女/6年10月)

マンスリーテスト(6年10月)の国語で、長女に薦めていた本が出題され、気を良くしたので、調子に乗って、今度は随筆的文章の出題を予想してみたいと思います。 ここで「随筆的文章」と表現したのは、エッセイと随筆を合わせてみたものです。どうやら、中学…

国語沈没。。マンスリーテスト自己採点(長女/6年10月)

昨日、長女はマンスリーテスト(6年10月)でした。 自己採点ですが、 ★算数 比較的よくできた。 ★国語 沈没した。 ★理科 微妙。 ★社会 微妙。 ★合計 いつもより、点数としては、かなり悪い。 国語のせいです。 でも、実は、国語で出題された文章はどちらも自…

マンスリーテスト結果(二女/4年8月)×二女へのお薦め本①

昨日、マンスリーテスト(二女/4年8月)の速報が出ていました。 結果ですが、若干、αラインに届かず。。 惜しかったのですが。。。 偏差値の分布は、 社>4科>理>算>2科>国 という結果でした。 α復活は難しいかも。 もっとも、αに復活するとブロック変更…

出題本を予想する⑦(2022年中学入試/国語)

久しぶりの出題本予想です。 今回、予想するのは村上しいこさんの『みつばちと少年』です。 みつばちと少年 [ 村上 しいこ ]価格:1540円(税込、送料無料) (2021/9/2時点) 発刊は2021年4月。 おそらく、各中学受験塾の本年の模試でも出題されるのではないか…

マンスリーテスト自己採点(長女/6年8月)

久しぶりのマンスリーテストでしたね。 夏期講習やカキシは毎日がテストのようだったので、6年生のこのころになると、マンスリーテストといっても、それほどの緊張感はありません。 早速、妻が自己採点をしていました。 長女の得点からすると難易度は以下の…